fudosanshijo

住宅・土地統計調査によると、特に、マンション(共同住宅)の保有に関して、世帯収入の格差の影響は強く現れるようです。
現在も多くの企業年金では、海外不動産投資には距離を置くケースが多いと聞く。
6月23日に英国で行われた国民投票は、EU離脱派の勝利に終わった。まだ不確定要素は多いものの、英国不動産市場へのマイナスの影響は避けられないだろう。
「家賃がもったいない」。家を買う理由として、アンケートのランキングで常に上位に食い込む回答がこれだ。ただ、これは果たして正しい考え方なのだろうか。
国内の不動産ファンダメンタルズは着実に改善しており、今回のJ-REIT市場の調整は健全な小休止と言えそうです。
住宅市場の中で「中古物件」が注目を集めている。これまで日本は先進国において特異な消費動向にあったという。
PRESENTED BY 野村不動産アーバンネット
少子高齢化が急速に進む日本において、流通が活発に行われているとは言えない住宅市場。欧米のように、活発でフェアな市場を――そんなビジョンを掲げて不動産ビジネスの変革を進めている新しい会社がある。それがソニー不動産だ。
PRESENTED BY ソニー不動産
いま、不動産会社や機関投資家などプロの不動産投資家が海外不動産に注目している大きな理由は、国内では少子高齢化で投資機会が長期的に減っていくのに対し、海外には人口が増加して今後も高い経済成長率が見込める、つまり投資機会の拡大が見込める国がたくさんあると考えているためです。
大都市では商業地や住宅地の地価の上昇傾向が強まる中、将来のさらなる値上がりを見込んだ投資マネーの動きが活発になっています。