fueiho-kaisei

「ルールとして定められているものが、はたして本当に必要なものなのかどうかはきちんと検証すべきです」
ロンドンオリンピックの浄化作戦の中で、パブやバーが、営業形態などを理由に一掃されることになった。「同じ轍は踏まないように」と考えた方もいらっしゃったと思います。
旧風営法の「3号営業」は、お客さんに設備を設けてダンスをさせ、かつ飲食をさせる、という営業なんですね。その「ダンス」の定義が法律上なかったのです。
ナイトカルチャーを愛する人たちは、ただナイトカルチャーを楽しむだけではなく、社会の一員として、他の価値観を有する人たちに敬意を払うことが大切です。
「法律なんて変わるわけないじゃん」ってほとんどの人が言ってたと思うんです。でもわれわれは、とにかく疑わずにやってきて、「あ、変わったわ」みたいな。
「アーティストが街で、メッセージを伝えるためにパレードしてる、デモしてる。日本でこういうことができるようになりたい。そう思って初めてラップを書いたんです」
改正風営法の施行を受けて、インターネット上に様々な情報が流れ、混乱されていらっしゃる方もかなりおられるのではないでしょうか。
クラブやダンス教室の営業を規制する風俗営業法について、古屋圭司・国家公安委員長は6月13日の閣議後会見で、規制緩和に向けた改正法案を秋の臨時国会に政府が提出する方針を明らかにした。
若い世代は年長者に比べ、社会経験や知識で劣る場合が多い。そのためTPPや憲法改正、安全保障といった大型の政策テーマは実感を持って考えづらいかもしれません。そこで若い皆さんが関心を持つような「身近な」問題を俎上にあげてはどうでしょうか。
若い世代は年長者に比べ、社会経験や知識で劣る場合が多い。そのためTPPや憲法改正、安全保障といった大型の政策テーマは実感を持って考えづらいかもしれません。そこで若い皆さんが関心を持つような「身近な」問題を俎上にあげてはどうでしょうか。