fufu

50年連れ添った夫婦が、50年前と同じ場所で、同じポーズで写真を――。ニュージーランドの音楽レーベル「Illegal Musik」がFacebookに投稿した写真が、わずか数日で200万いいね!に迫ろうとしている。
「できれば子育てにもっと関わりたい。でも毎日、残業続きでとてもムリ」なんて思っている男性、多いのではないでしょうか? そんなアナタにお届けするのが、若くして自ら病児保育を提供する認定NPO法人フローレンスを立ち上げた駒崎弘樹さんと、サイボウズの青野慶久社長によるこの「イクメン経営者ズ」対談。
結婚に関するアドバイスなら、長年一緒に暮らしてきた夫婦に聞くのがいちばんだろう。両親や祖父母、叔父叔母、友人や義理の家族など、30年、40年、50年どころか60年以上ものあいだ、添い遂げてきた夫婦たちの話は貴重だ。
A君、Bさん、ご結婚おめでとうございます。僭越ながら皆様のお時間をお借りして、私の方より祝辞を述べさせていただきたいと思います。どんな話にしようかと悩んだのですが、ここは直球で「人はなぜ結婚するのか」という話をしたいと思います。
最高裁判断で、結婚していない男女間に生まれた「婚外子」の遺産相続を「嫡出子(婚内子)」の2分の1とする現行の民法規定は違憲だとする判断が出たのは9月4日のこと。その論旨は、「子にとって自ら選択ないし修正する余地のない事柄を理由としてその子に不利益を及ぼすことは許されず、子を個人として尊重し、その権利を保障するべきである」だった。