fufubessei

「ほらやっぱり、夫婦別姓が必要なのではないですか?」と、もう一度最高裁の判断を問いたいですね。
職場で旧姓使用が認められず人格権を侵害されたとして、30代の女性教諭が学校側に損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁は10月11日、女性の請求を棄却する判決を言い渡した。
世界で詭弁だと思えることが日本では時折まかり通る。そんな例になりかねない報道があった。
12月16日、最高裁大法廷は「夫婦同姓は合憲」との判断を下した。家族は社会の基礎的な集団単位として呼称をひとつにすることは合理的だと述べられている。
今回の司法判断は7つの意味で「歴史的な鈍感判決」と言わざるを得ない。
「大人になって結婚すると、みんなも名前が変わるんだよ」と、私が軽率な言葉を口にしたとたん、クラス中から一斉に「ヤダー!」の大合唱が。
夫婦同姓の強要は「違憲ではない」という判決が下され、大きな話題を読んでいます。一方で、15人中5人の裁判官は、夫婦同姓の強要は「違憲」であると断じています。
最高裁の判断に注目が集まっていた。
明治時代から続く夫婦の姓のありかたに関する規定の見直しの議論につながるかに注目が集まります。
現在の民法によると、男女が婚姻関係を結ぶ際は夫か妻のいずれかの姓を選ばなくてはならない。つまり他方は改姓が求められるのだ。