fujiisatoshitaiyondan

NHK杯では4月にも異例対応があった。
「この先の勝ち星も敗戦も、そのすべてを御自身の力にかえて人々のこころに感動を与える棋譜を数多く紡いでほしいと願います」
史上最年少で中学生プロ棋士の藤井聡太四段(14)が7月2日、「第30期竜王戦」決勝トーナメント2回戦で佐々木勇気五段(22)に敗れ、デビュー戦以来初の黒星を喫した。公式戦の連勝記録は「29」でストップした。
「公式戦30勝」という前人未到の大記録が懸かった大一番は、いよいよ終盤へと突入する。
史上初の30連勝をかけた大一番の昼食に、藤井四段は何を注文したのだろうか。
時には、食事の選択が勝負の趨勢を分けることもあるようだ。
藤井聡太四段が7月2日、史上初の公式戦30連勝を懸けて「第30期竜王戦」の決勝トーナメント2回戦に臨む。
藤井四段の快挙を伝えるニュース写真が、椎名林檎『無罪モラトリアム』のジャケットに似ていると話題だ。これまでの様々な歴史的瞬間で「もみくちゃ」になってきた報道陣の写真を集めた。
史上最年少で中学生のプロ棋士・藤井聡太四段(14)が6月26日、東京・千駄ヶ谷の将棋会館で開かれた「第30期竜王戦」の決勝トーナメント1回戦で増田康宏四段に勝ち、デビュー戦から負けなしで「公式戦29連勝」を達成した。
この日、将棋ファンの間では、藤井四段が夕食でも麺類を注文するかどうか、注目が集まっていた。
これまで藤井四段といえば、そば・うどんなど麺類をオーダーすることが多く、28連勝を達成した対局でも「胡麻味噌とじうどん」を注文している。
デビュー以来、公式戦で連勝し続けている史上最年少のプロ棋士・藤井聡太四段(14)が6月26日、前人未到の公式戦「29連勝」を懸けて「第30期竜王戦」の決勝トーナメント1回戦にのぞむ。
会見場に藤井四段が登場すると、報道陣からは凄まじい数のフラッシュが。途中、カメラのシャッターの音で藤井四段の声が聞き取りづらくなる場面もあった。
6月21日の対局に勝利。デビューからの公式戦連勝記録を、歴代最多タイの28に伸ばした。