fujikawa-fukki

アメリカ・大リーグや日本の独立リーグを経て、3シーズンぶりの阪神復帰となる。
右肘のじん帯修復手術を受けたカブスの藤川球児投手が8月6日、ロッキーズ戦(デンバー)で2013年5月26日以来、約1年2カ月ぶりにメジャーで復帰登板を果たした。
アメリカ大リーグ・カブスの藤川球児投手を、古巣の阪神タイガースが再獲得に向けて調査していると、サンケイスポーツが8月4日に報じた。
2013年6月に右肘靱帯(じんたい)の修復手術を受けたアメリカ・大リーグ、シカゴ・カブスの藤川球児投手(33)が7月6日、傘下マイナーのルーキーリーグで手術後初めて公式戦でリハビリ登板した。
右ひじ手術を受け、アメリカ大リーグ復帰を目指すシカゴカブスの藤川球児投手が5月31日、自身のブログを更新し、「後少し。。」というタイトルで近況をつづった。藤川投手は「皆さん復帰に時間がかかっているように思われるかも知れませんが、一歩一歩復帰に向けて進んでいます」と報告した。