fukuchiyamasen-dassenjiko

JR福知山線脱線事故と事故から13年間のあゆみ。事故後を生きる人たちの苦悩や喜びを伝えてくれる。
「人生の危機は誰しも一度は訪れる。いいことも悪いこともコインの表裏のようなもの」
107人が死亡し、562人が負傷した2005年4月のJR宝塚線(福知山線)脱線事故で、業務上過失致死傷の罪で強制起訴されたJR西日本の元会長井手正敬被告ら歴代社長3人を無罪とした一、二審判決が確定する。
福知山線脱線事故から10年。私は事故現場を2度訪れており、当時の様子を綴ってみよう。
福知山線脱線事故から10年がたつ。事故前から今日までを振り返ってみよう。
乗客と運転士計107人が死亡、562人が負傷したJR福知山線脱線事故から、4月25日で10年を迎えた。
事故現場となった兵庫県尼崎市のマンション(現在は無人)では、4月24日夜、遺族や負傷者が約600本のろうそくを灯した。
この10年にわたって被害者の人々と共に歩んできた支援者の立場から、いくつかの"成果"と"課題"と"葛藤"を書き残しておきたい。
事故に遭遇したことに背中を押されて、葬儀司会者として歩み始めて6年4ヶ月。これまで尊い1000人以上のお命を送らせて頂きました。
気がついたらもう10年だったという感じです。事故も自分の人生の一部で、死ぬまで一緒に付き合っていくのが当たり前なんだと実感がわいてきたのは、10年という時間が経ったからじゃないかなと思います。
「もって3カ月」と医師は言った。呼んでも反応のない順子さんの体を、母もも子さんは必死でさすり続けた。
事故で人生を変えられた人々の10年は、事故後も苦難の連続だった。それでも「生きる勇気を発信できれば」と、生き残った負傷者やその家族、支援者が4月19日、兵庫県川西市でシンポジウムを開いた。
会社員の地位を捨てて戦地に身を投げ出す勇気もなく、平々凡々とサラリーマン記者として過ごしてきた私には、後藤さんのような勇気あるジャーナリストが、人間の生命を駆け引きの道具に弄ぶ連中の犠牲になったことが悔しくてならない。
005年に乗客ら107人が死亡、562人が重軽傷を負ったJR福知山線脱線事故から2015年4月25日には10年を迎える。あの事故から生き残った負傷者らは、10年の節目に向けて原点を見つめ直そうと、手記を集め、シンポジウムを開催する。
107人が死亡、562人が重軽傷を負った2005年のJR福知山線脱線事故から、4月25日で発生9年を迎えた。事故が起きた列車とほぼ同じ時刻に走る快速列車は、今年も、再発防止の誓いを車内放送した。
乗客ら107人が死亡、562人が重軽傷を負った2005年の福知山線脱線事故から、4月25日で9年となる。時の経過とともに、沿線から事故の記憶が確実に薄れていく中で、惨事の記憶を将来に向けてどう残していくのか、新たな動きが始まりつつある。