fukuokadaiehokusu

プロ野球は、"「やめる」より「やめさせられる」選手が多い"という厳しい世界で、他球団で現役を続行できるのは、"ほんのひと握り"である。
将来はドラフト会議をなくし、プロ入りを望む選手の多くが意中の球団、または誘われた球団に入り、よりのびのびプレーできる環境作りが大切ではないだろうか。
NPB(日本野球機構)では、2007年から日本シリーズ進出を賭けたクライマックスシリーズを導入したが、本当に必要なのだろうか。