fukusawayukichi

少子高齢社会となろうが、外国人労働者の受け入れ拡大は事実上タブーだ。
子供たちの教育、子育てファミリーの支援、我が国の将来を切り開く人材づくりと世界の課題を解決する革新的技術の振興に全力を挙げて取り組む一年として参ります。
人は何のために生きているのだろうか。何のために仕事をするのか。なんで働くのか。仕事を通じて何をしたいのか。何のために勉強するのか。
「統計学」がちょっとしたブームになっている。西内啓『統計学が最強の学問である』(ダイヤモンド社)などが話題になったり、ビジネス系雑誌などでも盛んに統計学の特集が取り上げられ、「ビックデータ」など最近話題の言葉と絡めた紹介も散見される。