fukushima-fuhyohigai

糸井重里さんが、福島で桃への中傷に怒っている。
まさか、あの話をまともに受け止める人がこんなにたくさんいるとは思わなかった。それ位、放射線の健康への影響についての教科書的な常識から、かけ離れている内容だと感じた。
漫画「美味しんぼ」が、福島第一原発を訪れた主人公が鼻血を出したり激しい疲労に襲われたりしたことを「被ばくしたから」などと表現したことについて、閣僚による批判が相次いだ。
福島第1原発を訪れた主人公が鼻血を出すなどの描写があり議論を呼んでいる、漫画「美味しんぼ」の連載漫画誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」の最新号が5月12日に発売された。掲載された「美味しんぼ 第604話『福島の真実23』」では、福島県双葉町の前町長である井戸川克隆氏が、鼻血の原因は「被ばくしたからですよ」と語る場面があった。
福島の海で何が起きているのかを知りたい−−。そんな思いから立ち上げられた福島県いわき市の市民グループ「うみラボ」が4月27日、東京電力福島第一原子力発電所の沖合で放射線を計測する会を開催した。
311以来、見えないものに恐怖する人が増えた。具体的な放射性物質汚染のことだが、見えないもの、確信の持てないものには人はやはり過剰に恐怖してしまうものだと改めて感じました。
9月18日、「福島県立医科大学病院で多指症の診察が100人待ち」という内容がFacebookで投稿され、ソーシャルメディアを通じて拡散された。