fukushima-hoshasenryou

福島の海で何が起きているのかを知りたい−−。そんな思いから立ち上げられた福島県いわき市の市民グループ「うみラボ」が4月27日、東京電力福島第一原子力発電所の沖合で放射線を計測する会を開催した。
相馬市でのガラスバッジ(外部から被曝する放射線を測るガラス線量計)の検査結果が公表されました。乳幼児から中学生、妊婦の計3,173人を対象に平成2013年5月から7月までの3カ月間に行われた計測の結果です。相馬市では年に1回ずつ検査が行われていますので、これで3回目です。