fukushimadaiichigenpatsu-osensui

海の汚染のため操業自粛を強いられた仲間を引っ張り、再生の希望を懸けた「試験操業」を進めてきた。
どうも東京電力は、自分なりの定義を作って答えるために、支払ったというのはどういうことを意味するのか、汚染水とはどんな汚染水のことなのか等々、いちいちその意味するところを聞き直さねば事実関係すらわからない。
福島第一原発の汚染水に関して、いろんな誤解をする人がいる。
東京電力福島第一原発の汚染水処理が三月末には終わらず、五月末まで延びることになった。このことについて自民党の行革推進本部で内閣府・経産省からヒアリングをした。すると、どうも話が違う。
原発ゼロの会で二回目となる福島第一原発の視察を9月22日月曜日に行いました。参加議員は近藤昭一、秋本真利、菅直人、小宮山泰子、阿部知子、鈴木望の各代議士と私です。その他に逢坂誠二、服部良一元代議士と加藤修一元参議院議員も参加しました。
福島の海で何が起きているのかを知りたい−−。そんな思いから立ち上げられた福島県いわき市の市民グループ「うみラボ」が4月27日、東京電力福島第一原子力発電所の沖合で放射線を計測する会を開催した。
東京電力の福島原子力発電所の事故に伴う除染処理では、中間貯蔵施設の見通しが立たないため除染の遅れを招いているという批判があります。こうしたことを受けて、政府は福島県と原発周辺の3つの町に対し、中間貯蔵施設の建設の受け入れを正式に要請しましたがこれについて少し。
国際原子力機関(IAEA)の調査団が、増え続けている汚染水について「基準値を下回るものは、海への放出も含めた検討をすべきだ」と助言した。
新人漫画家・竜田一人の「いちえふ—福島第一原子力発電所案内記―」が、10月31日発売の「モーニング」48号(講談社)より連載開始した。
福島第一原発の汚染水流出問題を受け、韓国政府は福島など8県の水産物の輸入全面禁止に踏み切りました。これに対して日本政府は、「出荷される水産物はいずれも基準値を下回っており安全規制には科学的根拠がない」としてWTO(世界貿易機関)への提訴を検討しています。