fukushishisetsu

障害者支援施設でのクラスター、九州の豪雨ではコロナ禍での自然災害も目撃した。写真家・渋谷敦志が語りかける、ポストコロナへの願い
PRESENTED BY 日本赤十字社
周辺の観光スポットなど300件以上を投稿した施設は、短期間で50人のスタッフの採用に成功。
「福祉施設にも最低限の防犯対策はもちろん必要です。しかし、過度に防犯カメラや塀を設置する必要は本当にあるのでしょうか」
現地では避難所の再編も進み、社会福祉法人による福祉避難所の運営体制が本格的に広がりつつある。
声なき声にどう応えるかが大きな課題になっている。
なぜ給与が安いことを、国に訴えるの?と思われる人もいるかと思い、少し解説いたします。
再生可能エネルギーの普及に世界で最も注力しているのはドイツ。そこでの再エネ事情を実際に体感することも含め、今月、ドイツに行ってみた。
厚生労働省が2013年6月に「職場における腰痛予防対策指針」を改訂し、「原則として人力による抱え上げは行わせない」などとする方針を示してから1年。福祉施設への行政指導はどう変わるのか。都道府県・政令指定都市の福祉主管部局に依頼した「福祉施設と腰痛予防に関するアンケート」(方法=郵送、期間=6月12日~7月7日、回答=60自治体(回答率90%))の結果と、厚生労働省労働基準局安全衛生部労働衛生課への取材などをもとに考える。