fukyo

同調意識を作り出している「同調圧力」あ〜っ、なんて気持ち悪い言葉なんだと私は思います。
さらに多くのステークホルダーの意思を反映できる、よりサステナブルな企業統治のあり方を考えるべきではないか。
長い目でお寺という「親から子へ孫へ法の伝わるコミュニティ」を見たときに、ほんの束の間の「今日の布教使さん、ありがたいお話しだったね」という体験は、実はそれほど重要ではないのではないでしょうか。
「景気回復」と言われてはいるものの、悲しい現実がある。不況で中間層の職が大きく奪われ、低賃金の職がそれに取って代わっているという現実だ。そればかりか、その状況が改善される動きは当分ない。
人によっては、「なに? お寺のマーケティング? 宗教は商売じゃない!」と言われることもあります。その通り、宗教は商売ではありません。しかし同じく、マーケティングも商売ではないのです。