fundoshi

最初は「使われなくなった下着=ふんどしを現代風に作り直す」という、明らかに合理的ではない選択をした自分自身を疑問視した時もありました。
スーツの話をしても大して興味を持たれない一方で、ふんどしの話をするとヨーロッパ人は俄然興味を持つ。