furansu-tero

フランス・パリのノートルダム大聖堂前の広場で6月6日午後(日本時間6日夜)、警察官がハンマーを持った男に襲われ、負傷した。
「完全にテロリストの犯行だ」
フランスのベルナール・カズヌーヴ内務相は11月21日(現地時間)、フランス国内でテロを計画したとして7人を逮捕したと発表した。
遂に世界が、"メルトダウン"を起こし始めた―そう認識せざるを得ない事件が、今週も相次ぎました。
イタリアをはじめ、いくつかのヨーロッパ諸国では、血を流す遺体や犠牲者を捉えた生々しい映像が、ニュースの材料として優先されるようになった。
7月14日が「革命記念日」とされる由来は、今から227年前の1789年にまでさかのぼる。
テロ後のフランスで、イスラム教に対する関心がこれまでにないほど高まっている。
ベルギーで少なくとも32人が死亡した3月22日の連続爆破事件で、実行犯は当初、フランスで再びテロを起こすことを計画していた。
フランスの対外政策、世俗主義や格差から生まれる緊張感...、様々な要因が絡まり合い、過激派誕生の一因が作られていると言えるだろう。
共和党は、トランプ氏を既に2016年のアメリカ大統領選の最有力候補にしてしまった。もう何をするにしても遅すぎるのだ。