furipepa

地域におけるまちづくりは、すでにあるものを活かし、そこで暮らす人々のソフト的なパワーが重要になっています。
「どうせ無理」ではなく「できるかもしれないから、やってみる」と思える機会を、自分の可能性を信じてくれる人と出会う機会をつくりたい。
私は、意識高い系の大学生が苦手だ。フリーペーパーを発行してみたり、ミスコンや、企業訪問イベントを主催してみたり。もちろん、なかにはプロ顔負けの高クオリティな成果を残す団体もあるのは認めよう。だが、大抵は内輪の盛り上がり以上のものにはならない。カネと時間のかかった「ごっこ遊び」で終わってしまう。