furyokuhatsuden

世界の風力発電施設の発電能力は今年、4億キロワットを超え、原発を初めて上回ることがわかった。
この10年間でみると、総設備容量の伸びは3倍強となっている。世界風力会議の報告書によると、世界全体の2014年の総設備容量は、約3億7,000万キロワット。
洋上風力発電の事業家を支援するため、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は17日、新たな「洋上風況マップ」を作成する計画を発表した。
再生可能なエネルギー企業の幹部たちは、どうやらあまり困っていないようだ。
再エネを導入しても火力発電の固定費は回避できないので、再エネのコストと比較すべきは、火力発電の可変費だということだ。
世界各地で導入が加速し続ける自然エネルギー。各種統計は発表されているものの、例えば中国が成長の牽引役となっている現在の状況は意外に知られていません。
エイプリルフールも終わったはずの4月2日、自民党本部で原子力政策・需給問題等調査会が開かれた。
ドイツは再エネ普及増によって、再エネ普及増とは元々関係ないが別の理由で意図されている脱原子力だけでなく、元々望んでもいないし意図もしていない脱火力にまで突入することが濃厚だ。
「エネルギー狩猟型文明」から「エネルギー耕作型文明」への転換が始まっています。
世界風力エネルギー会議(GWEC)は、2030年までに世界の風力発電設備容量が現在の5倍強に相当する2000ギガワット(GW)に達し、電源構成の19%を占める可能性があるとの見通しを示した。