fuseikyosoboshiho

「コメダ珈琲店」に外観や内装が酷似しているとして、東京地裁は和歌山市の喫茶店に対し、店舗外観などの使用差し止めを求める決定をした。
単に紛らわしいからと言って、損害賠償や差止めが認められるわけではありません。まず、商標権についてはどうでしょうか?
今回偽装が発覚したホテルやレストラン、また百貨店は、そもそもブランドとしての資質や価値そのものが根底から揺らぎはじめたわけですが、法律の不備、また行政の指導にも盲点があったことも発覚したことになります。