fuyu

雪が舞うこの時季、雪にまつわる名称から、雪の世界をのぞいてみましょう。
北日本から北陸、山陰の広い範囲で大雪や猛吹雪に警戒が必要です。
気温の下がる夜にかけては、路面凍結などに念のため注意をしてください。
冬の寒さ、ウイルス・風邪対策で電気代が上がった...なんて人も。今回は、オススメ「節電グッズ」を紹介します。
ハフコレ編集部
加湿器は、乾燥が気になる冬~春の必需品。新型コロナウイルスやインフルエンザ等のウイルス対策としても、ぜひ使いたい家電です。特に「ハイブリッド式加湿器」は、部屋の温度が下がりにくいパワフルな加湿力と、お手入れが簡単なことで人気を集めています。一方で、「電気代が気になる…」と心配する人も。今回は、そんなハイブリッド式加湿器の選び方と、おすすめの製品を厳選して紹介します。人気メーカーの製品はもちろん、コンパクトな卓上タイプや、大型の据え置きタイプまで幅広くピックアップしました。
エアコン、ガス・石油ファンヒーター、電気カーペット、電気こたつ、床暖房。すぐにできる家庭向けの省エネ・節電の方法をまとめました。
「人間は適度に体温が下がると眠くなりますから、風呂上がり1時間後を目安に就眠するといいでしょう」
全国のほとんどの所が氷点下の予想で、東京は-1℃、名古屋は-2℃まで下がる予想となっています。
7日午後、関東でも南部の沿岸を中心に西よりの暴風となるおそれ。
積雪や路面凍結を甘く見ず、少しでも心配であれば運転は控えるようにしてください。
日本海側には雪雲が流れ込み続けて、雪が降り続く見込みです。
年末寒波への備えは、早めにしておくのが良さそうです。
12月20日朝7時までの集計で、全国919地点の観測点のうち654地点で気温が0℃未満の「冬日」となっています。
空気が乾燥した状態は続くので、引き続き、手洗い・うがいなどで、風邪など引かないようにお気を付けください。
ちょっとした工夫で、コーヒーの味は大きく変化します。
関東各地で12月中旬から下旬並みの気温となります。
冬場に、新型コロナウイルス感染拡大リスクの一つの「換気の悪い密閉空間」を改善するため、換気の方法はどうしたらいいのか。