fuyuso

富の偏在の問題に関連して以前から私が疑問に思っていたことがあるんです。それは、「富の格差の解消のために所得税の累進課税を強化しよう」という主張です。
貧困撲滅に取り組む国際NGO「オックスファム」は、世界人口の最富裕層の「1%」が、世界にある資産の48%を握っているという新たな報告書を発表した。来年2016年には、「1%」が世界の富の半分以上を手にすることになりそうだ。
高品位なもので差別化して、また高い粗利を確保していく、という展開は、ナショナル企業だけでなく地域の企業こそと目指すべきだと思いました。
私なりに「富の偏在」の何が問題なのかについて考えてみたいと思います。
ミリオネアの人口比に関する都市ランキングに名を連ねる20都市を見ると、位置、規模などはさまざまだが、いくつか共通点がある。
言われてみれば、これまで小金持ちとか本当の富裕層とかなかなかフェスに行く機会が限られていたのではないだろうか。
現在、観光目的で来日した外国人の滞在期間は最大90日とされています。政府は、その滞在期間を、年収600万円以上、資産7000万円以上という条件を満たす外国人に限って最大一年間に延長する方針を決めました。
ある中国人の富豪が今週、約束を果たし、自ら手本となって富裕層は貧困層に惜しまず与えるべきだということを示した。
最近の英国版「長者番付」によると、同国の最富裕層1000人の資産総額は前年比15.4%増の5189億ポンド(約88兆7000億円)となり、国内総生産(GDP)の3分の1に相当することが分かった。
所得格差について言えば、アメリカは他の先進国の中で最も格差が広がっている。証拠はあるのかと言いたいのなら、お見せしよう。