fuzoku

「身を張って、感染リスクもあるのに一生懸命働いています。消毒薬をおき、徹底的に手を洗い、換気扇も回しています。だけど、厳しい」と訴える。公的支援に行き着けないし、受けようとしない。それには根深い社会的問題がある
「(これまでは)困ったら風俗ネタに逃げていたけれど、もうウケへんやん。もうスタッフも分かってるやん。恥ずかしいよ俺は」と相方なりの言葉で厳しく指摘した。
全面休業は約30年ぶり。前回は昭和天皇の崩御による「大喪の礼」以来という。
沖縄で小学生や中学生が飲酒運転する事件が相次いだ。その背景には何があるのか。繰り返される暴力や虐待にさらされる少女たちを調査した「裸足で逃げる 沖縄の夜の街の少女たち」(太田出版)の著者・上間陽子さんに聞いた。
「いつもくるされてた」。そう語るのは沖縄のキャバ嬢、優歌さんだ。「くるされる」とはひどく暴力をふるわれることを意味する。なぜ、沖縄の女性たちは殴られるのか。「裸足で逃げる 沖縄の夜の街の少女たち」(太田出版)の著者・上間陽子さんに聞いた。
誰しもが一度は、「パチンコと売春(ソープランド)って、違法じゃないの?」と、疑問に思ったことがあるだろう。
性産業で働く女性を支援する「風テラス」が注目を浴びている。支援者らは「男性の貧困は路上、女性の貧困は待機部屋に現れる」と口にする。
CNNの記事によると、年間で6400人、つまり1日に20人近くが性犯罪の被害に遭っているという。しかし、本当だろうか?
眼差しや地域との関係性の問題も、私たち一人ひとりに向けられた大きな課題です。