gaikokugo

出会いや思い入れがどんなものであれ、人は皆、それぞれにオリジナルな関係で言語と共に生きている。もう「自分の英語なんて」と吐き捨てることはやめよう。
「できない」現実に傷ついたときこそ、自分が「できる」ことに目を向けて、自分の可能性を諦めない。
悪意ない笑いが、外国語学習者にとってはものすごいプレッシャーになることもある。
何時間も机に向って勉強するべきなのか、それとも、毎日10分でも効果があるのだろうか。
今回は世界の日本語に翻訳できない、表現が難しい単語を紹介していきます。
「綺麗な(良い発音の)英語が話せないので、恥ずかしい」というような事をいう日本人をときどき見かける。これは完全に間違い。
『エン 転職コンサルタント』上で、サイト利用者3,094名を対象に「仕事のための自己学習」についてアンケート調査を行いました。
PRESENTED BY エン・ジャパン
2つ以上の言語を話せると、別の国への旅行もしやすいし、交流できる相手の範囲も広がる。別の文化を理解しやすいし、それを通して自分の国の文化への理解も深まる。なんといっても、レストランで食べたいものがちゃんと食べられる。
小学校からの英語教育スタートなど、最近は以前にも増して、英語教育が注目を浴びているようです。
あなたの言葉、外国人にはどんな風に聞こえているのでしょうか?
文部科学省が、小学校3年生から英語教育を開始する方針を固めた。しかし、小学校3年生から英語を始めても、英語はうまくならない理由があるという人もいる。どのような理論だろうか。