gakko

彼女がフェイスブックに投稿した動画では、シシィがクラスの少年から「ブス」と呼ばれたこと、それに対して彼女がどう反応したのかを話している様子が映されています。
企業において、「与えられた課題をこなす」から、「自分で問題を作り出す」人が求められる現在、「問題解決」よりも「問題創造」が重要視されるべきとは、金言だと思う。
文部科学省は25日、公立小中学校を統廃合する際の基準を約60年ぶりに見直す方針を決めた。小学校で4キロ以内、中学校で6キロ以内としている通学距離に加え、「おおむね1時間」と通学時間も示し、より遠くの学校と統合できるようにする。
「教師」という字は「教えるに師」と書きます。師ともなれば、自分の人生に影響を与えるほどの出会いもあったのではないかと思いアンケートをとってみました。
「人の可能性を拡大する」をミッションに学校の先生向けSNS「SENSEI NOTE」を展開する浅谷さん。教師が持っている知恵やアイディア、ノウハウを学校を超えてネット上で共有する先生を「支え抜く」取り組みに辿りつくまで、そして今後の活動への想いなど伺いました。
テレビのインタビューなどで、若い人が「素直に嬉しいです」と言っているのを見かけることがちょくちょくあります。こういった場面に出くわすたびに、なんともいえない違和感を覚えます。同時にこの子達は今日までいったいどんなことを教えこまれてきたのだろう?と少し心配になります。
漫画やアニメ、ドラマでしばしば舞台となる学校。特に「不良の猛者どもが集まる」ような学校を舞台にしたものには人気作品が多数ありますよね。そのような不良校というのは、大抵の場合、偏差値も非常に低い学校として描かれますが、不思議なのはその学校の生徒のひとりに"ガリ勉キャラ"がよく描かれていることです。
教科書に載っている偉人ってなんであんなに落書きしたくなる外見をしているんですかね? パッと思い出すだけでも、正岡子規、芥川龍之介、織田信長、坂本竜馬、聖徳太子、ペリー、フランシスコ・ザビエル、ガンジーといった、いかにも落書きしてくれと言わんばかりのオーラを放つ偉人たちの顔が浮かんできます。
実際に先生が「いい!」と思う自由研究はどんなものなのでしょうか? 今回は、現役の先生にインタビューし、ズバリ『先生が本当に求めている自由研究』はどんなものなのかを聞いてみました。
学生のみなさんは夏休みの終盤を謳歌している時期でしょうか? 海に山、祭に花火! 普段の勉学から少し離れて楽しんでいる方も多いと思います。そしてもうひとつ、夏休みといえば、運動部をはじめとして暑いなか部活動に励んでいる学生さんも多くいらっしゃるのでしょう。筆者は学生時代帰宅部でしたので、学校が終わったら真っ直ぐ家に帰っていましたが、大人になってからも、「学生時代に何の部活をしていたか?」という話題で盛り上がりますよね。