garake

「こちらはだいじょうぶ」「家はもうない」「生きてればオーケー」「妹をたのむよ」...。宮城県東松島、仙台、神奈川、広島。離れ離れに暮らしていた家族をつないだ、8通の交信記録。
グローバルの価格は15万円程度とのこと。また、日本では3月から5Gサービスが始まるが、Galaxy Z Flipは4G通信のみ対応となります。
利用者数が5年間で94.5%減少していた。
8月10日、KDDI社内サークル「auおせっかい部」の2人がハフポスト日本版編集部に「出張訪問」してくれた。
申請書には三つ折りにしたイメージ画像も…
「ガラホ」という聞き慣れない言葉が、ネットを賑わせている。従来型の携帯電話「ガラケー」の姿をしたスマートフォン(スマホ)ということだが、一体どんな物なのか調べてみた。
昨今、「断食」という言葉が、割と日常的なものとして用いられるようになってきている。
スマホ(スマートフォン)の巨大化が止まらない。登場初期には画面サイズ3インチ台が主流であったのがどんどん大きくなり、現在のラインナップは5インチ台が主流になっている。中には6インチ台の機種も存在している。気になったので調べたところ、携帯大手3社がホームページに掲載しているスマホ製品(7/10現在、iPhoneは除く)のうち、およそ6割強の機種が5インチ以上であった。残りは4インチ台だ。過去の電子製品は技術進歩に伴って小型化していく流れが一般的であっただけに、特異な動きである。
7月4日の米独立記念日(Independence Day)を記念し、My Eyes Tokyoハフィントンポスト版では日本をこよなく愛するアメリカンをご紹介しています。前回お伝えした、日本語と英語で即興コントを行うグループ"パイレーツ・オブ・東京湾"リーダーのマイク・スタッファーさんに続き、今回は"岐阜ではたらくITコンサルタント"のキース・パーハックさんをご紹介します。エルビス・プレスリーとジャック・ダニエルとバーベキューでその名を馳せる、テネシー州メンフィスのご出身です。
セレブの間で、「スマホ絶ち」が流行っているという記事を見た。そりゃそうだろうな、と思った。そもそも今まで、スマホなどというデジタルガジェットを、四十代、五十代の人がわざわざ買い求めること自体、どこかおかしかったのだ。