garapagosu

知的財産マネジメントの一環で、国際標準化活動の重要性が強調されている。拡大するハード・ソフト・コンテンツ市場から利益を得ようというのが、標準化活動に参加する企業の思惑である。
ビッグデータ時代のプライバシー保護に向けた動きが、米国、EUで慌ただしくなっている。
ガラパゴス化したひとたちの特徴は、「日本は特別だ」という肥大化した自我と、「世界では通用しない」という劣等感です。こうした錯覚をただすのはとても難しいのですが、市場は損得によってそれを見事に成し遂げることができるのです。
NTTドコモと二人三脚で携帯電話事業を展開してきたNECが、スマホから撤退する。日本経済新聞は7月17日付けで「NEC、スマホ撤退へ」と題し、同社単独での事業継続を断念したと報じた。