gaza-funso

パレスチナ自治区ガザの若者の起業を支援するため日本人らが主催したビジネスコンテストが8月、ガザで行われた。主催者の一人の会社員、上川路文哉さんにハフポストが聞いた。
イスラエル軍によるパレスチナ自治区ガザへの軍事作戦が終了してから26日で1年。「国際連合パレスチナ難民救済事業機関」の保健局長、清田明宏さんが撮影したガザの写真を紹介する。
昨夏、2千人以上の市民が死亡した「ガザ紛争」から1年。パレスチナ難民を支援する「国際連合パレスチナ難民救済事業機関」(UNRWA)の保健局長で医師の清田明宏さんに聞いた。
あれから1年。ファラさんは現在のガザ地区の様子をツイートした。
ガザ紛争からほぼ1年、国連の独立調査委員会による報告書がようやく公表された。この手の報告書は繰り返し出されたが、国際社会は、手をこまねいているだけだった。
パレスチナは、アメリカ、イスラエル、カナダなどからの激しい反対にあいながらも国際刑事裁判所(ICC)への加盟を決めた。
停戦後のガザ。つづく悲しみも、喜びも。子供たちの写真で振り返った。
[ワシントン 31日 ロイター] - パレスチナ自治区ガザで衝突を続けるイスラエルとイスラム原理主義組織ハマスが、72時間の人道的停戦に合意した。8月1日から実施されるという。ケリー米国務長官と国連の潘基文事務総長が31日、明らかにした。 停戦は現地時間の8月1日午前8時に発効。ケリー長官と潘事務総長による共同声明では、「部隊はその場にとどまる」としており、イスラエル軍がガザから撤退しないことを
[ワシントン 30日 ロイター] - 米国家安全保障会議(NSC)のミーハン報道官は30日、イスラエルがパレスチナ自治区ガザに対する軍事作戦で、避難所になっていた国連が運営する学校を砲撃したことを非難した。 ガザの当局者によると、この攻撃で避難していたパレスチナ人少なくとも15人が死亡。ミーハン報道官は、「パレスチナの数多くの避難民に対する安全が国連が提供した避難所でも確保されていないことを非常
未だ、和平の糸口がつかめない、イスラエルとハマスの戦闘。特にガザでは、多くの民間人が犠牲になっている。その悲しみを、カメラが捉えた。