gaza-kubaku

イスラエル政府による国際人権NGOへの妨害は、自らの行為がまったく正当化できないものであることを、ますます印象付ける結果にしかならないだろう。
以下の驚くべき連続写真は、合意の直前である8月24日に、ガザ地区で撮影されたものだ。イスラエルの戦闘機が、同地区内の標的を爆撃した瞬間を捉えている。
イスラエル軍は、パレスチナ自治区ガザに対する空爆を再開した。パレスチナ側からロケット弾が発射されたことへの報復としている。 ガザでの一時停戦は2100GMT(日本時間20日午前6時)まで延長されるはずだったが、この合意に反して戦闘が再開された。イスラエル側によると、一時停戦が期限となる約8時間前に3発のロケット弾がガザから発射された。
[ガザ/エルサレム 8日 ロイター] - パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスとイスラエルの72時間の停戦は8日、延長合意が成立しないまま終了した。ガザからイスラエルに向けてロケット弾が発射されたことへの報復として、イスラエル側がガザ空爆を実施した。 パレスチナ側の医療関係者によると、ガザ市のモスク付近にイスラエル側が砲撃し、10歳の男児が死亡。イスラエルでは、ガザからの迫撃砲で
イスラエルによるパレスチナ自治区ガザ地区への空爆をめぐって、この数週間、メディアで相次いで起きた〝事件〟が、界隈で話題を呼んでいる。
ファレル・ウィリアムスの『HAPPY』ブーム。ガザにも、イスラエルにも届いていた――
イスラエル軍が「境界防衛」作戦を7月7日深夜に開始して以来、ガザでは多くの死傷者が出ている。
テルアビブ市内のイスラエル人活動家たちが、ガザ地区に暮らす多数の子供が犠牲になったことを祝う様子が撮影された。
最も胸が締め付けられる現代のディストピアの物語は、フィクションなどではない。現実の場所に、現実の人々が生きている。それはガザだ。地球上で最も悲劇的な場所だ。
イギリスの公共テレビ局「チャンネル4」のニュースキャスター、ジョン・スノウ氏が、ガザ取材を終えて帰国した。長い経験をもつベテラン・ジャーナリストである同氏にとっても、「ガザ」は大きな影響を与える体験だったようだ。