genbaku-nagasaki

1945年8月6日に広島に原爆を投下した米爆撃機B29「エノラ・ゲイ」の搭乗員で唯一生存していたセオドア・バンカーク氏が28日、ジョージア州の高齢者施設で死去した。93歳だった。メディアが伝えた。