gendainobetoben

NHKは3月16日、「耳が聞こえない作曲家」として知られていた佐村河内守(さむらごうち・まもる)氏の曲を別人が作曲していたことに気づかずに「NHKスペシャル」などで放送した問題を検証した調査結果を発表した。
3月7日、現代のベートーベンとして話題をさらった佐村河内守(さむらごうちまもる)氏が謝罪会見を行った。本人に代わってゴーストライターとして作曲をしていたという音楽家で大学教授の新垣隆氏も先日謝罪会見を行い、大学を辞した。
ゴーストライターに書かせた「交響曲第一番 HIROSHIMA」などの楽曲を作曲したと偽っていた、佐村河内守氏が、3月7日、東京都内で会見を開いた。
「現代のベートーベン」と呼ばれた全聾の人気作曲家が、すべての曲をゴーストライターにつくらせていたという驚愕の事実が日本じゅうに衝撃を与えました。
「耳が聞こえない作曲家」として活動していた佐村河内守さんが発表した楽曲のゴーストライターだったと告白した、桐朋学園大学 非常勤講師の新垣隆さん。2月6日の会見を受けて、大学側は一度退職を認めていたが、教え子や音楽家らがネット上の署名サイトで、大学側に寛大な処置を求める運動を起こすと、退職を認める方針を白紙に戻したという。
ゴーストライター騒動の渦中にある作曲家・佐村河内守氏名義の関連アルバム3作品が、2/17付週間アルバムランキングで前週300位圏外から急上昇した。
この記事のタイトルはダブルミーニングになっています。最後まで読めばその意味は察せられるでしょう。
「新垣先生に寛大な処置を!」佐村河内守さんのゴーストライターであることを告白した新垣隆さんの教え子達が、ネット上の署名サイト「Change.org」で、大学側に寛大な処置を求める運動を起こしている。
被爆二世、独学で音楽を学んだ全聾の天才作曲家と謳われた佐村河内守氏のほぼ全作品が、実際には桐朋学園大学の講師を勤める現代音楽作曲家・新垣隆氏の手になるものだった、という衝撃的な事件が世間を賑わせている。これに関連して、少し自分の思うところを書いておきたい。
「両耳が聞こえない作曲家」として知られている佐村河内守(さむらごうち・まもる)さんの楽曲の「ゴーストライターをしていた」として、大学講師の新垣隆(にいがき・たかし)さんが2月6日、都内のホテルで会見を開いた。