ジェンダー

セクシュアリティの多様性、未来を担う子どもたちにどう伝えていけばいいのだろう。
より多くの人が自分は幸せだと感じる生活を手に入れる社会にするためには、夫婦間不平等の問題を一つひとつ解決して行く必要があると思うのです。
女性の成功を阻むバイアスは、悪意のないところにも存在する。
「男女平等ランキング」の7位に、アジアで唯一フィリピンが入り込んでいるのをご存知でしょうか?
ドアはどうすればいいの?ドアに近い私が開けるの?むしろドアこそ男子が開けるもの...?いえ、ドイツのドアって本当に無駄に重かったんです。
65名分のアンケートで、「仕事の場とそれ以外の場(学校・家庭・地域など )で、「女性が抱える生きづらさ」を最も感じていることはなんですか?」と質問したところ、以下のような順位となりました。
女性活躍推進法では、管理職に占める女性比率を押し上げることを推奨する。でも、「管理職になりたがらない女性が多い」と語る企業の人事担当者は多い。何故なのか?
スペイン発のブランド「ZARA」の最新コレクションに注目が集まっている。
世界の貧困地域では今でも、女性の出産は命がけです。こうした問題に取り組める方法は、変化をもたらす主体としての女性のエンパワーメントを置いて他にありません。
2000年に国連ミレニアム・サミットで採択されたミレニアム開発目標(Millennium Development Goals)が、昨年2015年にその達成期限を迎えた。