genpatsu-sagyoin

危険だからこそ出せていた高給与は今後望めなく、人材確保はお金で持って釣るようなことは今後出来なくなってきます。
私は福島県南相馬市で初期研修医2年目をしている。以前から南相馬市の除染作業員の健康問題に興味を持っている。
福島第一原発で女性が働き続けることへの不安はないのか。話を聞いた。
震災前であれば、作業現場に花を飾るといった事はありませんでした。
福島第一原発事故の収束作業に当たった作業員が白血病を発症したことについて、厚労省は被曝(ひばく)したことによる労災と認定して本人に通知した。
福島・南相馬市の中心部、人影もまばらな夜の街に、派手な極彩色の看板がきらめく。
厚労省は、8月26日に「東京電力福島第一原子力発電所における安全衛生管理対策のためのガイドライン」を策定、公表しています。
善光寺では東日本大震災直後から、「東日本大震災犠牲者供養」、「東日本大震災被災地復興祈願」、「福島第一原子力発電所作業従事者安全祈願」が毎日行われています。
震災後に働く方々が安心して働ける環境は「福島原発構内」だけで収まりがつきません。震災により失われた「基盤」を新たに作りあげなければいけません。
福島第一原発の早期廃炉は一地方の課題ではありません。日本の課題です。それゆえ彼らを社会全体が支えることが必要です。社会が彼らを支えるには、彼らが個人で解決することの出来ない問題を知り、解決へ働きかけることが必要です。