genpatsu-saikado

海外では毎年、IAEAなどの会議で安全基準について話し合っていて、どんどん厳しい基準に変えていっている。そうすると、海外の原発は安全確保のためのコストが増えていきますから、ものすごくコストが上がる。海外の先進国では原発が安いと言ってる国はない。日本だけですよ、原発が安いと言っているのは。
楽天は参院選特集2013で、参院選に関する漫画コンテンツ「選挙に行きたくなるマンガ」の第2弾を掲載した。『原発の再稼働に賛成?反対?選挙で未来の選択を』というタイトルで、原子力発電所とエネルギー政策に関する内容となっている…
原発を巡っては、政府・与党が推進する政策と国民の声との間には隔たりもある。本来であれば今回の参院選で、徹底的に方針に付いて熟議が行われるべきだと筆者は考えるが、アベノミクスを中心とした経済政策の行方や憲法改正議論に覆われるようにして、争点としてなかなか上がってこない。
原子力規制委員会は3日、国内で唯一運転中の関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)について、「直ちに安全上重大な問題が生じるものではない」とした報告書を了承した。大飯原発は9月に定期検査入りするまで、可動が認められることになった…
原子力規制委員会が19日に発表した原発の新規制基準に対して、国内外からその意義が問われているようだ。新基準は、2011年の福島第1原発事故の教訓を取り入れ、防潮堤の設置・強化などの自然災害対策や、テロも想定した緊急時制御室の設置、事故時に放出する放射性物質を減少させ原子炉格納容器の圧力を下げる「フィルター付きベント設備」の設置などを義務付けている。
菅義偉官房長官は19日午後の会見で、自民党の高市早苗政調会長が原発再稼働に関連する自身の発言を撤回したことについて、安倍晋三首相と話をした上で、高市政調会長には発言に注意し、職務に専念してほしいと伝えたことを明らかにした...
自民党の高市早苗政調会長が、「原発事故によって死者が出ている状況ではない」と発言したことに対し、与野党や被災地から怒りの声が噴出している。高市氏自身は発言の翌日、記者団に対して「被曝(ひばく)が直接の原因で亡くなった方はいないが、安全基準は最高レベルを保たなければいけないと伝えたかった」と釈明したが、被災地の怒りは収まりそうにない…
安倍政権が6月にまとめる成長戦略の素案に「原発の活用」を盛り込み、原発再稼働に向けて「政府一丸となって最大限取り組む」と約束することがわかった...