genpatsu

技術者を多数抱える企業が長期的に原発事業から売上を得られないとしたら、その人材を放出せざるをえない。こんな状態では、いくら技術的に英知を集めたとして、現場で実行する母体がその前に潰れてしまう。現場の努力に応えられるようなまともな組織を皆でつくらなければいけない。
再稼働に向けて審査が進む四国電力伊方原発。飛行制限されたその上空付近を飛ぶ米軍機が目撃されているが、地元では同原発近くで25年前に起きた米軍ヘリ墜落事故の記憶が消えない…
22日、福島第1原子力発電所の汚染水貯蔵タンクのうち2個の底付近で、乾燥地としては初めて、1時間あたり70〜100ミリシーベルトの高放射線領域が発見された。100ミリシーベルトは、作業員の5年分の被爆許容量に相当する。
なぜ2011年にあれほど(そして2012年も)「電力が足りない」「停電するかもしれない」という節電キャンペーンをおこなったにもかかわらず、ことしはそれがなさわれていないのか、ということです。だって、「原発がないと電気が足りない」から再稼働が必要なんですよね?だったら、原発の動く予定のない年こそよけいに節電が必要なんじゃないでしょうか。
資源エネルギー庁幹部は7日午後、東京電力<9501.T>福島第1原発の敷地内から1日あたり推定約300トンの汚染水が海に流出しているとの試算を明らかにした。
参院選東京選挙区で初当選した共産党の吉良佳子氏が中東の衛星放送アルジャジーラから取材を受けた。当選したばかりの吉良氏がアルジャジーラに取りあげられたことにネット上では驚きの声...
海外では毎年、IAEAなどの会議で安全基準について話し合っていて、どんどん厳しい基準に変えていっている。そうすると、海外の原発は安全確保のためのコストが増えていきますから、ものすごくコストが上がる。海外の先進国では原発が安いと言ってる国はない。日本だけですよ、原発が安いと言っているのは。
楽天は参院選特集2013で、参院選に関する漫画コンテンツ「選挙に行きたくなるマンガ」の第2弾を掲載した。『原発の再稼働に賛成?反対?選挙で未来の選択を』というタイトルで、原子力発電所とエネルギー政策に関する内容となっている…
福島県南相馬で行われていた除染モデル実証試験を請け負っていた中堅ゼネコンの日本国土開発が、除染の際に生じた汚染水340トンを、農業用水に使う川に流していたことが分かった…
原子力規制委員会は10日、福島第1原子力発電所の観測用井戸から高濃度のセシウムが検出され、汚染水が海洋に流れていた可能性がある事を発表した。規制委は、汚染水の流出は震災後2年以上にわたって続いていたとみている...