genpatsuyushutsu

日本とロシアが受注したベトナムの原子力発電所の建設計画が、白紙撤回された。
安倍晋三首相は11月11日、日本を訪れていたインドのモディ首相と会談し、日印原子力協定に調印した。
バングラデシュが2015年に行われる国連安保理非常任理事国選挙への立候補を取り下げ、日本を支持する方針を表明した。
国内で原発増設が続く中国は、そこで培った実績を原発輸出に活用したい考え。中国はパキスタンで既に原子炉を建設したが、総事業費が160億ポンド(約2兆7000億円)に上るヒンクリーポイントでの原発建設は、先進国では初めてのプロジェクトとなる。英国での成果を足掛かりにし、グローバル市場でCGNとCNNCの存在拡大を目指す。
ハフィントンポスト各国版11月11日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。ハフィントンポスト・イタリア版では、脱税の罪で、議員資格剥奪を審議されているベルルスコーニ元首相の独占インタビューを掲載しています。インタビューの中でベルルスコーニ氏は、自身の議員資格剥奪を採択することは「法の支配」に反しているとともに、人権の侵害であると主張しています。
日本はイランに、原発建設で協力する用意があると、外務省スポークスマンが話した。イランにおける各問題の解決に、日本の役割が問われている形だ。
安倍晋三首相は29日、インドのシン首相と首相官邸で会談し、インドへの原発輸出に向け、日印原子力協定の早期妥結で合意した。福島第一原発事故の影響で中断していた交渉が再開する。時事通信によると、インフラ整備での協力も確認され、日本が受注を目指す新幹線システム採用に大きく前進した。ロイター通信によると、日印原子力協定が締結されれば...
[アンカラ 3日 ロイター] 安倍晋三首相は3日、トルコのエルドアン首相と会談し、両国が原子力協定を締結することで合意した