genyu

中国における金属と石炭の消費量は、世界全体の約50%へと大きく伸びた。
イランと欧米など6カ国はイラン核問題をめぐり最終合意にこぎつけたが、石油輸出国機構(OPEC)は、イランの原油生産が完全に復活するには時間がかかる、と見ており、年内は生産枠を据え置く見通しだ。
世界のマーケットが少し動揺しています。そこでその理由を整理し、次の一手をどう打つべきか考えてみたいと思います。市場参加者の不安を煽っている一因は原油安です。
10日のニューヨーク商業取引所で、国際的な原油価格の指標となる「米国産WTI原油」の先物価格が、前日比2・88ドル安い1バレル=60・94ドルと、約5年5カ月ぶりの安値をつけた。
来年、総額1500億ドルを超える規模の石油・天然ガス探鉱プロジェクトが中止される可能性が出てきた。価格が下げ止まらないなか、採算がとれるか不透明感が増しているためだ。
今日、原油価格(WTI)が一時75ドルを割れました。これに関し、「世界の景気が悪いから、原油価格が低迷しているのだ」という説明がありますが、それは正しくありません。原油価格の低迷は、アメリカにおけるシェールオイルの増産が原因です。
けさ原油価格に動意が見られています。米国の指標銘柄であるウエスト・テキサス・インターメディエーツ(WTI)は$106.3+1.82%で推移しています。3月以降の上値抵抗線を上に切ったカタチです。次の上値抵抗線は$110にあります。今回、イラク北部のモスールの町を制圧した寄せ集めの愚連隊(ragtag army)は、自分たちのことをISIL(Islamic State in Iraq and the Levant)と呼んでいます。(なおウォールストリート・ジャーナルは同じグループをISISと表示しています)