gijutsukakushin

ポスト平成は、様々な“技術革新”によって暮らしや仕事が大きく変貌し、世の中のシステムや常識が大変革を迫られる時代になると予想されています。
AIによる労働力代替の可能性は計り知れず、人材需要の構造に対して、まさに読めない未来が待ち受けている。
世界を変えたリーダーが、次世代の指導者に伝えたいこと。
子供たちの教育、子育てファミリーの支援、我が国の将来を切り開く人材づくりと世界の課題を解決する革新的技術の振興に全力を挙げて取り組む一年として参ります。
小中学校の通知簿には、勤勉さや協調性だけでなく、ちゃんとひねくれることができているかどうかを評価する項目も追加してもらいたいものです。
SFにおいて好まれるモチーフの一つに、「ディストピア」がある。近年、そういった映画や小説が描く世界が現実になるのではという懸念、つまり「コンピュータが職を奪う。世界は富裕層と貧困層に2極化する」が、議論の対象として頻繁に取り上げられている。
あらゆる仕事のおよそ半分は、20年以内に、コンピューターによって自動化される可能性がある。そして、これからやって来る津波のようなこの社会的変化に対して「備えができている政府はどこにもない」と、「エコノミスト」誌が巻頭コラムで論じている。
安倍氏の発言に対しては、「世界一とは言い過ぎなのでは?」との声も聞こえてくる。国のトップまで巻き込んだ自動車メーカーによる派手なデモンストレーションと、少々上滑りした安倍氏の発言からは、日本のイノベーションに関する複雑な事情が垣間見える。