gisoku

「娘の指や足があるかで愛の重さは変わらない。私を産んだ母も、きっと同じ気持ちだと分かった」。先天性の四肢疾患があるアーティスト片山真理さんが娘の出産を経て、たどり着いた表現とは。
パリ五輪・パラリンピックの大会組織委員会が、エッフェル塔の脚の一部を競技用の義足に変えた画像を公式Twitterに投稿し、話題になっています。
実親から虐待を受け、両足を失った男の子。義足と松葉杖を使い、10キロ歩く目標を掲げ小児病院への寄付を呼びかけたところ、想定外の金額に膨らんだ。
絶対に歩いてみせてほしい!
奥へと進む。義肢装具士のエメリーが黙々と作業していた。彼は2012年からここで働き始め、翌2013年には神奈川県による海外研修員受け入れ制度で日本に渡り、日本の義足製作の技術を学んできた。以前は複数の義肢装具士を雇っていたが、資金と人件費の
走ることが大好きだった女の子は、小学校6年生の時に骨肉腫を患い、左足を切断するという決断をした。
PRESENTED BY 中外製薬
コーラは刃物で襲われて前足を失いました。
「私は『どうしてこの子はこんなことが言えるんだろう』と思いましたよ」
医師のジヴァカーテさんは、ゾウの痛みをなんとか軽減しようと活動を続けている。