gohho

「自分を知るのは難しいと、人はいう。だけど、自分を描くことも簡単ではないよ」。炎の画家と呼ばれるゴッホは、亡くなる前の4年間で35枚もの自画像を残している。その半数が会した展覧会が話題だ。
ゴッホの名画が描かれている収納ボックス。組み立ても簡単で、A4サイズの書類も入ります。
ハフコレ編集部
活動初期に描かれた「春のヌエネンの牧師館の庭」がオランダのシンガー・ラーレン美術館から盗まれた。
ゴッホの「ひまわり」5点を、一気に楽しめる企画がFacebook上で実施されている。
「ボストン美術館の至宝展」が20日、東京・上野の東京都美術館で開幕する。
発見された2作品は…
トルコの伝統工芸を用いて、ゴッホの代表作「星月夜」を描き出した。
マウスホイール操作でズームアップすれば、まるで、作品まで数cmの距離に顔を近づけたかのように絵画の隅々まで観察できます。
ネット上では「これは素晴らしい」「これが本当にアニメーションなの?すごいなあ」「この映画がオスカーを獲得することを祈っているよ」など、絶賛する声が相次いでいる。