goho

産経ニュースが報じた記事が当事者への取材をしておらず誤報だったとして、産経新聞社は記事を削除し、関係者に謝罪した。
パリで起きた同時多発テロは、法制化推進派には追い風と映ったようだ。そして、その標的となったのが、スノーデンさんだった。
個人が情報を発信するようになり、その正しさを担保することが一層難しくなりました。
米国が8日に行ったイラク北部、イスラム過激派組織「イスラム国」拠点への空爆の最初の公式声明は、ツイッターだった。ウォールストリート・ジャーナルなどが伝えている。
米メリーランド州のマーチン・オマリー知事は4月14日(現地時間)、棚上げになっていた医療用大麻に関する法案の改正案(英文PDF)に署名を行なった。
コロラド州では1月1日(米国時間)、21歳以上の成人に対する嗜好用大麻(マリファナ)の販売が解禁された。同州デンバーの「9News」は、州全体の売り上げは嗜好用の初日だけで100万ドルを超える見込みだと報じている。 解禁初日にオープンした24
コロラド州では1月1日(米国時間)、21歳以上の成人に対する嗜好用大麻(マリファナ)の販売が解禁された。同州デンバーの「9News」は、州全体の売り上げは嗜好用の初日だけで100万ドルを超えた見込みだと報じている。
米国では「合法的な大麻」の市場が急拡大しており、そのペースは世界のスマートフォン市場の成長速度を上回る勢いであることが、米ハフィントン・ポストが独自に入手した新しいレポートによって明らかになった。