gojira

旧コマ劇場跡に建設された新宿東宝ビルの屋上に、大きさ12メートル「実物大」のゴジラの頭が完成。4月9日にお披露目された。目が光り、足音や鳴き声も出るほか、口からはミストも出るという。
2016年夏に公開予定の特撮映画「ゴジラ」の最新作の脚本・総監督を、人気アニメ「エヴァンゲリオン」で知られる庵野秀明さんが担当することになった。4月1日に映画会社の東宝が発表した。
映画「ゴジラvsキングギドラ」などの平成ゴジラシリーズなどを手がけた、特撮映画監督の川北紘一さんが12月5日、肝不全で亡くなった。
プロ野球は、"「やめる」より「やめさせられる」選手が多い"という厳しい世界で、他球団で現役を続行できるのは、"ほんのひと握り"である。
1作目が製作されてから2014年で60年を迎えた日本を代表する特撮映画「ゴジラ」。ハリウッドがリメイクした最新作「GODZILLA ゴジラ」が日本でも7月25日から劇場公開されたばかりだが、早くも続編の製作が正式に発表された。
7月25日、怪獣ゴジラが「GODZILLA」として日本に帰ってきます。前作の公開から10年。大人ははしゃいでいますが、今の小学生はリアルタイムで見ていません。そこで、子どもにもわかりやすいよういま一度、ゴジラが何者なのかさぐってみました。黒くごつごつした体ととがった背びれを持ち、うめくような叫び声とともに、どんな建物もなぎ倒す力を見せつける。それがゴジラです。初めて映画に登場したのは、太平洋戦争の終結から9年後の1954年11月。
ゴジラがスクリーンに初めて登場したのは1954年(昭和29年)。今年(2014年)で60周年(還暦)である。その時も、社会的問題であった核実験が背景にあったが、今回も核(原子力)の問題が色濃く残っている。
米政府は5日、サンフランシスコなどで電子交通標識がハッキングされ、交通情報が不正に変更されたことを受け、電子標識を運営する企業などにセキュリティー強化に向けた防止策を講じるよう勧告した。
2014年5月17日に全米公開に続き、日本では7月25日に公開予定の映画「GODZILLA」の新しい予告編が公開された。2014年は、東宝が1954年にゴジラを製作・公開してから60周年を迎える年だ。そんな「ゴジライヤー」を祝して、youtubeの東宝MOVIEチャンネルでは、日本で製作されたゴジラシリーズ全28作品の予告編を公開する。
ゴジラの新作映画「GODZILLA」の予告編が、12月10日に公開された。11年ぶりに日本が生み出した怪獣映画の新作がスクリーンに復活することになった。
日本が誇る怪獣映画『ゴジラ』の著作権をめぐる裁判が和解していたことが、11月26日までにわかった。ゴジラのデビュー作である映画『ゴジラ』(1954年)の監督である故・本多猪四郎氏の遺族が、2011年以降、映画会社の「東宝」など4社に対して損害賠償請求をしていた。法廷闘争に終止符がついたことで、ゴジラの関連商品や続編の製作にもはずみがつきそうだ。