good news jp

出産からおよそ1年。ママが産休から会社に戻った日。仕事にまた、ついていけるだろうか。育児と両立できるだろうか。会社の同僚たちはf快く、受け入れてくれるのか。そんな不安を抱えて、出社すると――
「忠犬ハチ公」80年目の命日にあたる3月8日、東京大学農学部で新銅像の除幕式が開かれた。飼い主の上野英三郎博士をハチが出迎えるシーンを描いたもので、上野博士の死後、90年ぶりの再会となった。
彼女がフェイスブックに投稿した動画では、シシィがクラスの少年から「ブス」と呼ばれたこと、それに対して彼女がどう反応したのかを話している様子が映されています。
地中海、抜けるような青空、そしてガウディの建築に心惹かれて、バルセロナを目指す観光客は1992年のオリンピック開催後増え続け、年間約750万人にのぼる。
「君たちの笑顔が心の支えです」――駅に掲げられた、心あたたまるメッセージ。
イギリスのウィリアム王子が、福島県を訪問した。ウィリアム王子の被災地訪問は、母である故ダイアナ元妃の思いを継いだものだという。
タレントの萩本欽一さんが、駒沢大学仏教学部の社会人入試に合格、4月から大学生になることになった。入学後も仕事は続ける。
オーストラリアのラジオのトーク番組の司会者2人が、最愛の息子を失った母親に思いがけないプレゼントを贈った。
アメリカ中西部ミネソタ州で、10年前に視力を失った男性が、人工網膜の臨床試験で「人工の目」を取り付け、妻の顔を久しぶりに見ることができた。
セラピードッグは子供たちが本を読むための手助けもする。ノースカロライナ州のフレッチャー図書館では、本をうまく読めない子供や、学習障害や不安障害を抱える子供がセラピードッグを相手に安心して読む練習ができる。
目標は企業の食品廃棄を減らすこと。「社会貢献」を打ち出すことで、業界特有の事情に縛られて期限前の廃棄を余儀なくされる食品企業が商品提供をしやすくし、消費者にも寄付を促す狙いがある。
第87回アカデミー賞で最も感動的だったスピーチは、脚色賞を受賞したグレアム・ムーア氏(34歳)のスピーチだ。彼は16歳で時自殺を図ったことを語り、自分の居場所がないと感じている子供たちのためにメッセージを送った。
テキサス州で開催された「オースティン・マラソン」で、ゴールまであと約400メートルのところで体が動かなくなり崩れ落ちてしまったケニアの選手が、車椅子を拒んで四つん這いで進み3位でレースを終えた。
飼い主が亡くなったことに気づかずに、東京の渋谷駅に10年近く通い続けた「忠犬ハチ公」。90年ぶりに飼い主の上野英三郎博士との再会が実現することになった。
ジェームズ・ロバートソンさんは会社まで往復74kmの道のりを毎日8時間かけて往復する。そのうち34kmは徒歩だ。
子どもたちの多くは、人前で歌うのを恥ずかしがるものだ。でも、12歳のマディソン・テヴリンさんは、堂々と自分の歌声を披露している。
家を出る前、私はアッシャーを説得して、「男の子っぽい」服装に着替えさせようとした。彼がドレスを着ていけば、質問攻めにあい、批判されまくることは分かっていたから、うまく対処する自信がなかったのだ。
キャシー・ベイツさんはシュタルガルト病(若年性黄斑変性症)という難病で子供の頃に視力を失った。しかし自分の息子が誕生した当日は、何としても自分の目で生まれたばかりの赤ちゃんを見たいと考えていた。