gorinshochi

2020年のオリンピックの開催地が東京に決まったことを受け、世界各国からメッセージが寄せられている。市長のお祝いもあれば、メダリストからの祝辞もある。しかし、なかには懸念を報じる新聞もある。各国で報道されている内容の一例を紹介する。
9月8日、2020年の夏期オリンピックの開催地が東京に決定した。開催地を争ったスペインをはじめ、アメリカ、カナダ、イギリス、フランスのハフポストから、東京開催決定についての人気コメントをまとめた。
9月8日早朝、アルゼンチン・ブエノスアイレスで開催された国際オリンピック委員会総会で、2020年夏期オリンピックの開催地が、東京に決まった。マドリード、イスタンブールと争い、1回目の投票でマドリードが脱落。決選投票でイスタンブールを退けた。
海外主要紙は、東京のオリンピック招致決定について、安倍首相のスピーチや日本のイベント開催経験などを勝因として挙げています。
2020年に開催されるオリンピック招致を目指して、9月7日、東京オリンピック招致委員会が、アルゼンチンのブエノスアイレスで開かれたIOC総会で最終プレゼンテーションを行った。東京都の猪瀬直樹知事や、安倍晋三首相などがどのような内容をアピールしたのか。その内容を紹介する。
2020年に開催されるオリンピックが、東京に決まるのかどうかは、安倍政権の政策運営に大きな影響を与えそうだ。落選の場合には株価下落とともに支持率の低下を招きかねず、消費増税の判断などにも影響を与える可能性もありそうだという。
オリンピック・パラリンピックの東京招致を目指す2020年東京五輪招致委員会は9月5日、ブエノスアイレスで2回目の記者会見を開き、ロンドン五輪に出場した体操の田中理恵選手らが東京での五輪開催をアピールした。しかし、海外メディアからは1回目の会見に引き続き、東京電力福島第一原子力発電所の汚染水漏れについての質問が続いた。
現在の日本の累積債務の山は、東京オリンピックの後始末がスタート地点になっている。国家の体力を無視したオリンピック関連のインフラ整備が国家破綻のきっかけになったギリシャの例など、オリンピックと国家財政の関係は深い…。
オンラインでの賭けデータを集めているサイト(oddschecker.com)によると、開催地として予想されているのは、東京が45%となっている。