gurakuso-sumisukurain

英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)が米国立衛生研究所(NHI)と共同開発しているエボラ出血熱のワクチンの初期臨床試験(フェーズI)の結果について科学者らは28日、ワクチンが安全で、免疫反応をもたらすことが示されたと述べた。ただ、感染を防げるか、また追加免疫が必要かどうかを見極めるためにより大規模な臨床試験が必要だと指摘した。
英製薬大手、グラクソ・スミスクライン(GSK)のほか、米ニューリンク・ジェネティクスとメルクが開発中のエボラ出血熱治療薬について、安全性や効果を確かめるため、米国の保健当局者らは22日、今後2週間以内にリベリアで第2━3段階の臨床試験を行う計画を明らかにした。
世界保健機関(WHO)は26日、西アフリカで感染が広がっているエボラ出血熱の対策で、来年初めに実験中のワクチン2種類について小規模な使用を開始する見通しだと発表した。
過去最悪の規模となったエボラ出血熱の感染と闘う世界保健機関(WHO)の専門家たちは、年末までに治験薬の供給量が増え、ワクチン開発も進展することを期待している。
英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)は、米科学者らと共同開発したエボラ出血熱ウイルスの実験段階のワクチンについて、臨床試験が近いうちに始まると明らかにした。 エボラ出血熱は西アフリカで感染が拡大しており、これまでに感染者約1000人が死亡。感染拡大の阻止に向け、各研究機関が対応を加速している。
このところ飲料や食品メーカーの海外展開が積極的になってきています。国内市場が成熟し、成長の焦点が海外に移ってきているからでしょう。