guramisho

2015年のグラミー賞で、ビヨンセは有名なゴスペルソング『プレシャス・ロード』(Take My Hand, Precious Lord)を熱唱した。そして翌日に自身のオフィシャルサイトでこの曲を歌った理由を明かした。
普通に考えると顔出ししたほうが活動しやすい気がするが、“顔出ししない”アーティストは将来的に顔を見せるべきなのだろうか? メリットとデメリットの両側面を考える。
グラミー賞授賞式で、ファレル・ウィリアムスが自身のヒット曲『Happy』のパフォーマンスで、ダンサーたちとともに手のひらを上げ、「#BlackLivesMatter」(黒人の命だって大切だ)運動に敬意を表した。
2月9日、アメリカ・ロサンゼルスでグラミー賞の授賞式が行われた。テイラー・スウィフトら、アーティストのドレス姿を写真で。
世界最高峰を決める音楽の祭典「第57回グラミー賞」の授賞式が2月8日、アメリカのロサンゼルスで開催された。イギリスの歌手サム・スミスによる「ステイ・ウィズ・ミー」が、最優秀レコード賞と最優秀楽曲賞に選ばれた。スミスは最優秀新人賞など獲得して計4冠を達成した。
アメリカのオバマ大統領は8日に行われたグラミー賞授賞式に動画メッセージを寄せ、性暴力をストップさせるために手を差し伸べてほしいと呼びかけた。
もちろんグラミー賞はストリーミング再生回数で決まるものではありません。ですが再生回数の多さは音楽ファンの注目の高さを表す一つのベンチマーク。
イギリスの歌手、サム・スミスの大ヒット曲"Stay With Me"が、1989年のトム・ペティのヒット曲に似ていると、トム・ペティの弁護士から指摘された。サム・スミス側はこれを認め、権利料を支払う意向を示したという。
7日、ウォール・ストリート・ジャーナルにグラミー賞受賞アーティストのテイラー・スウィフトが寄稿した記事が、ネットで話題になっています。「音楽業界は20年後、30年後、50年後はどうなっているのかしら?」という書き出しで始まるこの寄稿記事で、テイラー・スウィフトは現代の音楽のあり方、アートとしての音楽の価値、YouTubeジェネレーションのファンとのつながりなど、彼女が見て経験した音楽ビジネスの現状をさまざまな視点で的確に分析し、音楽の未来は明るくエキサイティングだと強く語っています。
グラミー賞を受賞した。バイオリニストの五嶋みどりさん。天才少女だった14歳の時に