guretobariarifu

わずか数台で、数十人のレンジャーやボランティアの仕事ができるだろう。
北部で生まれた個体は、幼体の99.1%、亜成体の99.8%、成体の86.8%がメスであったことが判明した
オニヒトデはインド太平洋全域に分布する造礁サンゴの捕食動物だ。
グローバルからローカルまで、独断と偏見で振り返ってみたいと思います。
「最も衝撃的なのは、魚の減少です」
グレート・バリア・リーフでこれまでないほどの規模の大きなサンゴの白化現象が起こり、この地域のサンゴ礁の3分の1以上が死滅してしまった。
世界屈指の豊かなサンゴ礁「グレートバリアリーフ」で、過去最大規模のサンゴの白化現象が確認されています。
「人類にとってかけがいのない価値のある場所」が危険な状態にある。
山口県庁公式サイトの観光PRページが、型破りすぎるとネット上で話題になっている。