gurin-pawa

「OECD諸国の中では、日本と韓国のみが長期的に石炭火力への依存を高めている」日本だけが「福島前」に戻ってはならない。
「パリ協定からの離脱は米国の経済にとって良くないのでは」という議論が国内のビジネス界から出てくれば、状況は大きく変わってくるはずだ。
日本で唯一「環境首都」の名が授けられた熊本県水俣市における小水力発電の取り組みをご紹介。
現代ではほとんど知る人もいなくなった山林王を追い続ける森林ジャーナリストの田中淳夫さんに、庄三郎の事績をたどってもらいました。
底なしの様相を呈していた東芝の損失問題に一つの区切りがついた。
浅海域の海草藻場やマングローブ林では、ブルーカーボンやグリーンカーボンが貯留され気候変動の緩和に役立っていることがわかる。
今では「緑と花と彫刻のまち」として知られるが、かつては炭鉱の町として栄え、戦後にはセメント工業が盛んな工業都市として発展した。
深刻な待機児童問題に対して、子どもがうるさいという近隣住民の保育所建設への反対解消はたいへんだから、公園を使おうというのだろうか。
科学的な調査というと難しいことと思われがちだが、実はこの干潟調査のように単純明快な手法で人海戦術が必要なものが多い。