gurobaru

世界経済フォーラムで選ばれ、ダボス会議にも参加したヤンググローバルリーダー(Young Global Leaders:YGL)が世界中からサイボウズに集結。
「教養」は、ビジネスに直接役立たないどころか、グローバル化した世界を生き抜くための最強の武器になります。なぜでしょうか?
外国人が介護福祉士として就労することを全面解禁するとともに、介護現場に外国人の技能実習生を受け入れることも可能とする2つの法律が成立しました。
チェコでの学生生活の中で、自分が"日本人"であると自覚する出来事を度々経験しました。
読者の多くは、海外の医学部進学と言えば、アメリカしか思い浮かばないだろう。吉田さんと会うまで、私もそうだった。
20世紀の多くの大戦を経て、人類が学びとり築き上げてきた安定や秩序、寛容や節度といったレガシーが音を立てて瓦解する、私にとってはそんな瞬間でした。
日本では公的にアートセラピー活動が認められていないが、一方でシンガポールは政府のもとアートセラピー活動が公的に認められている。
今、必要なものは、世界で新しい価値を創ることができる、コンピテンシーを伸ばすことではないだろうか。
他者からのアドバイスというものは、半分は本気で、残りは面白半分程度に聞いておき、あとは自分の軸や志に忠実に従うくらいがちょうど良いのです。
「グローバル企業」といわれるようなアジアの大企業のカルチャーの中でも特に人事慣行に焦点を当てて、その特徴を述べてみたい。