gurobaruka

ところ変われば文化も変わる。日本に来ている留学生たちは、日本人のどんなところにビックリしたのだろうか? 学内でグローバルコミュニケーションが積極的に行われている関西外国語大学(大阪府枚方市)の留学生たちに直撃インタビュー。彼らが見た“日本人の不思議”とは…?
私たちは昨日と同じことをしたら必ず生活水準が下がります。生活水準を保ちたい、上げたいと思ったら、昨日と比べて賢くなっていかないといけない。それがグローバル化なんです。
多様なミームを受容できる社会――そんな社会こそ、人類を進歩させる原動力になる。私たちが目指すべき社会であり、グローバル化によって現実になろうとしている社会だ。
英語を何のために学ぶのかは人それぞれですが、「なんとなくグローバル化が進んでいるから」とか、「周囲で英語学習を始めたから」という理由だと、最終的に挫折する確率が高いことは火を見るよりも明らかです。
一昨日のGuardian記事によれば、Hitachi to move global rail headquarters from Tokyo to London、との事である。目に付くのは、何といっても1971年生まれと若いジョージ・オズボーン蔵相の下記国民に対し明るい未来を説くコメントである。
与党が大学受験者全員にTOEFLを課すという提言をするなど、世の中とかく「英語」「英語」と叫ばれています。いわゆるグローバル化というものなのでしょう。「日本の産業が苦境なのは英語が話せないからだ」という空気のもと、近いうちに「英語を話せぬ者は人でなし」と言い出されかねない雰囲気まで感じます。
財務省が2014年2月10日に発表した「平成25年中 国際収支状況(速報)の概要」が2013年の日本の経常収支は、3兆3061億円と予想を大幅に上回る黒字縮小となったため、斜陽化する貿易立国日本 経常収支3年連続黒字縮小へ、に類する記事がネットに散見されるに至った。
われらがCANVASと、Googleが「インターネットとできること」というサイトを開設しました。「可能性あふれるこどもたちと インターネットの出会いの先には さまざまな未来へのストーリーがあるはず。日本と海外のキッズ&ティーンが踏み出した 新しい世界への一歩をご紹介します。」冒頭、そう記しています。
武田薬品工業の長谷川閑史社長は、同社のグローバル化を次の段階に進める取り組みを外部から招く外国人の次期社長に託す考えを示した。
市場や業界の各論ではなく、もう少し深堀りしたマクロ的な視点で最近自分が感じている違和感の正体をまとめてみました。2013年になって感じていたのは『予想していたものよりはるかに大規模で重要な変化が世界全体におきてるんじゃないか?』という確信に近い予感です。
昨日ハフポストにBBCとNHKを発表した。そうしたら、再びBBCに勤務する大井真理子氏から下記メッセージが届いた。それにしても、随分と仕事熱心な方だと思う。折角なので、私自身が実践しているBBC News を活用しての英語学習を今回紹介してみたい。
文部科学省は12月13日、中学校の英語の授業を、原則として英語で行う方針を決めた。新設教員の「英語力」を公表する仕組みを設けることや、英語教員には英検準1級、TOEFL iBT 80点程度等以上を求めることも盛り込まれる。
大学を卒業したばかりの頃だ。当時の上司から「学生気分が抜けていない」と叱られた。「この会社でやりたいことを見つけて、そこに熱意を注ぎなさい」と言われた。至極もっともな意見だ。たしかに私は、仕事に対してやる気のない、ふぬけた会社員だった。
アメリカの一部で、レストランなどの「チップ」廃止が進んでいるという。この背景にあるものは何か?
グローバル化するなかで、議員外交の必要性は高まっています。その議員外交のツールとしての委員派遣は、今後、ますます重要になります。しかし、無駄撲滅PTの調査の結果、現在の衆議院の委員派遣の派遣先の選定が、やはり恣意的に行われていることがはっきりしました。
白票を有効化する試みを一度でも行ってみれば、政治家と役人は、如何に自分たちが、現実からずれているかを理解するのではないか。厚顔な政治家もこの結果を無視はできまい...
企業活動がグローバル化していけば、社内の意思疎通のために最も多くの人たちが共通に理解できる英語が使われるようになるのは必然的かもしれない。社内公用語を英語にするという日本企業も出てきている。英語は日本語に比べて情報の伝達に優れているという説もあるようだが、現在の世界で多くの人たちが理解できるという現実の重みが大きな理由だろう。