gyarappusha

ギャラップ社が世界94カ国の労働者を対象に行った新しい調査によると、米国の労働者の18%が、職場に対して否定的、もしくは敵対的であることがわかった。
経済協力開発機構(OECD)が毎年実施する調査「より良い暮らし指標」で、オーストラリアは2013年も「世界一幸せな国」の座を保った。